児童発達支援

児童発達支援のサービス内容等をご紹介いたします。

一人ひとりの発達段階に応じたカリキュラムを考え

着替え・食事(おやつ)・排泄・移動等の日常生活動作の指導や訓練を行います。

身体を動かす活動・集団行動・表現活動・個別支援・感覚遊びを取り入れ

豊かな情操を育みます。

個別支援

一人ひとりに応じて運動、動作、身近自立、言語、学習面での課題を個別に支援いたします。

​障がいや発達段階を考慮し、無理のない療育を進めていきます。

​生活

着替えなどのことは自分でできるように工夫し、自分でやる気がでるように指導し

​習慣になりことを目指します。

排泄

排泄の自立とともに外出する前には自分からトイレに行くことができるなど

​自立心を養います。

言葉

答えやすいような問いかけを心がけ、自分から「話したい」をいう意欲が持てるように促し、足りない言葉を補うなど言葉が出るように支援します。

食事

食事のマナーを指導するとともに、好き嫌いなく食べられるようにします。

​また、食事・おやつ・飲み物などの用意や片付けができるようにします。

​学習

個別の課題を基に支援していきます。

結果より過程を重視するとともに、できたときは褒めるなど成果を認めていき

​できたときの喜びや達成感を味わうことで、学習意欲を高めていきます。

集団活動

お友達との関わりの中で「思いやり」を学び、集団の中で「社会性」「ルール」を身に付け

コミュニケーションスキルを習得します。

絵本

絵本、紙芝居などを用いて想像力を豊かにし、質問するなどの場面をつくることで考え、発言する力を養います。

音楽

歌を歌ったり、楽器を演奏したりするなかで自分の役割を理解し、よい刺激となるよう支援します。

創作活動

みんなでひとつの者(季節の展示物など)を作ることにより、協調性を養います。

人間関係

順番を待つ、衝撃を抑えるなど我慢することによって感情をコントロールできるように支援します。

その他

健康指導

通所時の健康チェック、帰宅前の観察をし、何かあれば保護者へ連絡し

場合によっては病院へ行くなど対応いたします。
ご家族との連絡ノートにより情報の共有を図ります。

医療連携体制

協力医療機関協定書を結び、病院や医師との連携がとれる体制をとります。

ご家族様への療育支援

子どもの遅れや障がいをどのように理解したらいいのか、周囲の理解がない

家族関係がうまくいかないなどの悩みを聞くだけではなく、共に考え

課題について長期的な視野で家族に対する療育支援を行います。
家庭での状況や生育暦について聞き、保護者の悩みを受け止めます。
そして保護者の抱える悩みについて理解し、共に考えていきます。
療育に関心を持っていただくために、子どもの様子や変化が見られたことを

伝えていきます。
また、家庭でできることも提案し、自宅で実践することで子どもの変化を

感じ取ってもらいます。
相談機関、医療機関、福祉機関とも連携を図り、必要性を感じたときは

紹介をします。

1日の流れ

月曜日~金曜日

10:00 ~ 14:00/ 14:00 ~ 17:30

祝日・長期休暇

10:00 ~ 16:30

  • てあらい、うがい

  • はじまりの会

  • 個別療育

  • てあらい・おべんとう

  • 集団教育(リトミック、体を動かす行動、表現活動、音遊び、感覚遊び)
    ※人数、天候を見て戸外活動を取り入れます。

  • おやつ

  • かえりのしたく

  • 帰りの支度

  • おわりの会​

※人数、天候を見て散歩、公園などの戸外活動を取り入れています。

​児童デイサービス・アニマートおおた

〒373-0817   群馬県太田市飯塚町1536番地1

フュージョンビル1階A号室

TEL : 0276-55-3901

FAX : 0276-55-3903

e-mail animato-ota@rainbow.plala.or.jp